メジャー

サプリでダイエットに挑戦|妊婦でも摂取できるサプリも

食欲抑制の薬

お腹

シブトラミンは、もともと1990年代に抗鬱剤として開発された薬です。しかし患者に利用した際には、抗うつ剤としての効果はあまり実証されませんでした。その代わり、体重にあきらかな減少が見られました。このことから、肥満患者の治療薬としてシブトラミンを摂取することが始まり、ヨーロッパにも広がっていきました。シブトラミンは、脳内の食欲をコントロールする場所に働きかけ、食べたいという衝動を抑えていきます。食後にはセロトニンと呼ばれる物質の濃度が上がることが研究でわかっており、セロトニンの濃度を高くすることにより、空腹感を抑えるというものです。海外の臨床治験では、6ヶ月間の利用で10ミリグラムを服用した場合は5%の体重減少、15ミリグラムで7%の体重減少が結果として報告されています。

シブトラミンを服用する場合、頭痛や口渇、便秘等の副作用があると報告されています。しかし、大部分が軽度で、短期間で消滅すると報告されています。血圧や心拍数の上昇が見られる場合もあるので、高血圧の人や脳卒中、心疾患の人が利用することは危険です。また、妊娠中の人や授乳中の人も服用が禁止されています。飲むタイミングとしては、午前中に1回1錠服用していきます。食前に服用することがいいとされており、食欲を抑制したいという人には、大きな味方になります。この医薬品は、医師の処方が必要な要指示薬です。服用前に、医者や薬剤師に相談し、インターネット通販を行う場合は、自己責任で飲むことが必要です。

Copyright © 2017 サプリでダイエットに挑戦|妊婦でも摂取できるサプリも All Rights Reserved.